アマンリゾーツ 闘いの歴史<3>

ヤン・センです。
さて、第三幕。(以下、2014年当時のお話)

ゼッカが去り、ヴァロージャ新CEOのもと、アマンリゾーツがどう変わるか。
巷では…って、ボクの場合、リゾートのプールサイドかバーがほとんどだけど、みんなのいい酒の肴になっている。ホテルって、オーナーが変わると変わっちゃうものだからね。
アマンリゾーツもヴァロージャ流のアマンリゾーツになるんだろうねって言ったら、「いやいや、ずいぶん前からもう昔のアマンじゃあないよ。昔の顧客は他に移っちゃってるよ、僕も含めてね」とはイギリス人のトモダチ。確かにね、それはボクも感じることだ。客層がもうすっかり変わった。


今回のアマンリゾーツのお家騒動に関しては、「ニューズウィーク」でもBruce Palling 記者が「トラブル・イン・パラダイス」というタイトルで7月27日付けの記事を書いているけれど、やはり客層の変化について触れている。
「いずれにせよ、アマンジャンキーの時代は既に終わっている」と記し、「アマンが出来て25年の間に、人々はより経験豊富な旅行者になり… 新しいアマンは今ではむしろ退屈なインターナショナル・リッチにアピールするものである」というトラベル・エキスパートの発言を伝えている。その新しいアマンの顧客とは、最近増えているマレーシア人富豪や上海やリオデジャネイロからのビジネスマンとのこと。
この客層っていうのはさ、ある意味、ホテルにとってのすべてだからね。


そして、7月。
ニューヨークのソーホーのホテル「ザ・マーサー」で朝食を食べながら、持参のiPad でニュースをチェックしていたら、CNBCの7月17日付けで、こんな記事が出ていた。

『アマンリゾーツのコントロールに関し、オマール・アマナットがドローニンに勝訴』

アマナット君 (c)Yangsen
ヴァロージャ、ことドローニン (c)Yangsen

あれあれ、いつのまにか共同パートナーのアマナット君とヴァロージャの訴訟争いになっていたようだね。
関連ニュースを検索していくうちに、7月17日付けのウォールストリートジャーナルに、こんな記事を発見。

『ロシア人の不動産投資家ドローニンがアマンリゾーツのパートナーを訴えた』

ああ、ややこしい。
ようするに、まず、最初に訴えたのは、ゼッカとアマナット君。5月にヴァロージャによってアマンリゾーツがアマンリゾーツの公式声明として出したゼッカの引退とドローニンの新CEO就任等のアナウンスメントには何ら法的根拠がなく、無効である、とする訴えをロンドンで起こした。
これに対してロンドンの裁判所の判決は、ゼッカ&サマナット組の勝ち!

 
そうしたら今度は、怒ったヴァロージャがサマナット君に対して、ニューヨークで訴えを起こした。
ウォールストリートジャーナルの7月17日付けの記事によると、ヴァロージャが「マジョリティ・シェアホルダー」つまり、株の過半数を握っているらしい。ああ、それで、5月にあんな声明を出せたってわけだ。
ひと筋縄ではいかないヴァロージャは、今度はロンドンからニューヨークに闘いの場を移し、ニューヨーク州地方裁判所にこんな訴えを起こした。
記事によると、ヴァロージャの訴状の内容は、「アマンリゾーツの取得に関した取引にドローニンを引き込むため、アマナットは1億ドル以上の現金を実際には持っていなかったのにもかかわらず、持っていると偽り、虚偽の書類を提出した」。

ようするに、ヴァロージャが言いたいのは、カネを出したのはオレなんだぜ、ベイビー、っていうところだろう。

判決は9月に出るとのことだが、ニューヨーク州の場合は三審制なので、今回の裁判は第一審。
まだまだ、「アマン劇場」は続きそうだね。
第四幕の開演が楽しみだね。
See you ! ダ スヴィダーニァ!


<その4>に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です