ウィーン「イラン核合意交渉」の舞台になってる3つのホテル

(C)Yangsen

 ヤンセンです。

 ん、なんかいま国際情勢、いろいろ動いてるけど、ウィーンでは「イラン核合意交渉」やってるね。イラン、アメリカに加えて英仏独中ロ5カ国の代表団がウィーンに集まってるわけだけど、ところでみんな、どこのホテルに泊まってるんだろ?
 ってことで、調べてみた。
 イラン代表団が泊まっているのはインターコンチネンタル・ウィーン客室数459室。1964年、インターコンがパンナム傘下にあった時代に開業したホテルだ。思えば、アメリカ人が第二次世界大戦後、我が世の春を謳歌していた(デカイ面していた)時代だったね、その頃は。
 アメリカ代表団が泊まっているのはグランドホテル・ウィーン客室数205室。1870年開業の老舗ホテルでかつては【ウィーン社交界の中心】と言われたホテル。第二次世界大戦後はオーストリア政府の所有となり20年あまりIAEA(国際原子力機構)の本部になってたんだけど、バブルの時代、全日空が買収し1994年に「ANAグランドホテル ウィーン」となった、というあのバブル象徴のホテル(2002年に売却)。
 5カ国の代表団が泊まってるのはホテル・インペリアル・ウィーン。元宮殿だった建物を1873年のウィーン万博の時にホテルとしてオープンした、まあ、ウィーンを代表するホテルだね。2002年には平成天皇皇后両陛下がお泊まりになった。いろいろな歴史の舞台になったホテルだけど、ヒトラーは若い時にこのホテルで日雇い従業員として働いていたことがあり、1938年にオーストリア併合を成し遂げてウィーン入場した際にはこのホテルにVIPとして迎えられ、パーマネント・スイートを設けた・・・って、ん、なんとなく気持ち、わかるね、人間だもの。一時、イタリアのサルディニア島の高級リゾート、ポルト・チェルヴォの開発でも知られるアガ・カーンが所有していたけど、スターウッドが買収して、今はマリオットのラグジュアリー・コレクション・ブランドのホテル。
 それぞれのホテルの格は、「インペリアル」「グランド」がともに実勢レートが1泊340ユーロ程度(約45,000円)でほぼ同格、ウィーンでもトップクラスのグレイドで、インターコンが実勢レート140ユーロ程度(約18,500円)とだいぶグレードが落ちるって感じ。
 で、イランとアメリカは表向き直接交渉はしないことになってるので、それぞれ「グランドホテル」にいる5カ国の代表団に意向を伝え、相手側に伝言してもらって、またその返事を受け取って持ち帰る、という水面下の交渉が行われているらしい。「グランドホテル」と「インペリアル」は目と鼻の先で直線距離100メートルくらいなんだけど、「インターコン」はちと離れていて直線距離500メートルくらい。そこを行ったり来たり。このITの時代でも外交交渉はアナログだね。
 たぶん、世界各国のスパイたちもただいま鋭意活動中なんだろうけど、おかげでウィーンのホテル業界、繁盛しているんだろうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です